プラセンタの提供はこちらの方々

プラセンタは胎盤から抽出された成分です。では、その胎盤は誰のもの?って思いますよね。
プラセンタの提供元は豚・牛・羊・馬・人などの哺乳動物です。人からも提供されていますが、これは医療にのみ使用が許可されているので、美容目的のサプリメントなどには使われていません。牛も狂牛問題があってからはあまり使われなくなりましたね。
数年前までは、豚の体内組織は人間に近いという理由から、豚さんのプラセンタを使った化粧品やサプリが主流だったのですが、最近では羊と馬のプラセンタが注目されています。
羊さんは高い免疫力を持っており、哺乳動物の中でも生命力が強いのが特徴です。そのため羊さんのプラセンタは最適な原料だと言われています。
もう1つ、人気急上昇なのが馬のプラセンタです。馬さんの胎盤はアミノ酸がとても豊富なのです。豚さんに比べてその含有量が250倍とされています。すごいですね〜。さらに馬さんは他の哺乳動物よりも体温が高いので、病原菌が付きにくく衛生的だとも言われています。馬さんの中でも、徹底的に飼育管理されたサラブレッドのプラセンタは特に最高だと言われています。
そういえば、植物性プラセンタなんてものもあります。大豆やトウモロコシの胚から抽出した成分が原料です。植物に胎盤なんてもちろんありませんので、プラセンタと銘打っていても肝心な成長因子は含まれていません。